時間と健康を大切に長生きしたくなってきた

*

知っとこ!? 災害時に出される警報や指示のレベル

      2018/11/20

ヒロナカです。

台風18号が猛威を振るっています。
ニュースでもいろんな自治体に○○警報や避難○○が出ましたと報道されています。

 

警報のやばさ度合いを知っていますか?

気象庁が発令する災害系警報

  1. 注意報・・・・災害が起こるおそれのあるので注意を呼びかけてる
  2. 警報・・・・・重大な災害が起こるおそれのがあるので警戒を呼びかける
  3. 特別警報・・・重大な災害の危険性が著しく高いので、最大限の警戒の呼びかける

各自治体が発令する避難系指示

  1. 避難準備・・・非常用持ち出し品の用意をするなど、避難準備。要支援者は避難行動開始
  2. 避難勧告・・・計画された避難場所などへの避難行動を開始
  3. 避難指示・・・人的被害の発生する危険性が非常に高い状況、直ちに避難

政府指示で市町村が設定するエリア

  1. 警戒区域・・・区域への立ち入りを制限、禁止またはその区域から退去を命ずる
              災害の恐れがある箇所へ立ち入り制限や暴力団抗争で構成員の出入り制限を行っています。

のような基準です。

今回の台風では「特別警報」「避難指示」が多く出ております。

 

冠水と浸水の違いってご存知ですか?

大体の方は、両方水に浸かっているイメージを持たれているとは思いますが、「冠水」「浸水」の違いはなんでしょうか。

「何が」浸かっているかの違いです。

  • 冠水・・・道路・田畑・空地等
  • 浸水・・・家・車・家財等

くれぐれも冠水してるとこに突っ込まないでくださいね。

土砂災害は明日も注意ですのでお気を付けください。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 - 日々