時間と健康を大切に長生きしたくなってきた

*

わかりやすいメタボリックシンドロームの診断基準と予防

   

ヒロナカです。

メタボリックシンドロームの診断基準を知りたい方へ

初めてメタボリックシンドロームの称号を受賞したけどメタボリックシンドロームって何?美味しいの?などと思っておりませんか?

本記事では下記の内容を解説します。

■もくじ

1.メタボリックシンドロームとは

2.メタボリックシンドロームの予防と改善

私は5年連続でメタボリックシンドロームの称号を受賞しましたが「健康は全てに優先する」をスローガンに体調改善を図っております。

2か月ほどでも結構変わりますので将来の大病予防のためにも早い段階で取り組んだ方が良いと思います

 

1.メタボリックシンドロームとは

1-1.メタボリックシンドロームとはどんな状態なのか

ただ太っているとメタボと思われがちですが一見スマートな方でも診断されることがあるメタボリックシンドロームとは、内臓脂肪が増えて生活習慣病や血管の病気が起こりやすくなっている状態です。

血管の内側にコレステロールなどが付着して管が狭くなる動脈硬化が進行して心筋梗塞や脳卒中などの生活習慣病や関連疾患を発症するリスクが高まります

1-2.基準値の種類とボーダーライン

保険協会に加入している35歳以上の方なら毎年受診資格がある生活習慣病予防検診ではメタボリックシンドロームを測定してもらえます。

具体的な基準は、

腹囲(男性85cm以上、女性90cm以上)
血圧(最高血圧:130/85mmHg以上)
血糖値(空腹時血糖値 110mg/dl以上)
血清脂質(中性脂肪値150mg/dl以上、HDLコレステロール値40mg/dl未満)

の4項目から構成され、「メタボ」とは腹囲を含む2つ以上の症状が一度に出ている状態をいいます。

診断基準は1998年にWHO(世界保健機関)が「メタボリックシンドローム」という名称で発表したことで健康診断に組み込まれました。

1-3.放置した場合に引き起こされる病気は?

メタボリックシンドロームは痛みや苦しみが無くただお腹周りが出ている状態ですので大したことないと放置されることが多いですが、糖尿病、高血圧、各種がん、脳卒中、心臓病、歯周病などの生活習慣病の1つ手前段階ですのでここで治療や予防を行わないと大病を起こすリスクが高まります

見た目の症状はないにしても体内では着々と動脈硬化が進行している可能性は高いです。さらには、生活習慣病関連疾患と呼ばれる骨粗しょう症や腎不全なども生活習慣病が他の臓器に影響を与えて引き起こすこともあります。

 

2.メタボリックシンドロームの予防と改善

2-1.ダイエットより体調の向上を目指す

体重を落とすことで改善されることは多いですが、生活習慣を見直して酸化ストレスを減らしていくことで自ずと体重減少は起こります。

酸化ストレスを減らすためには、飲酒、喫煙、過食を減らして安定した睡眠時間の確保と日常のストレスを軽減することで体調は回復していきます。

2-2.普通のカロリーと余計なものは避ける

過食については、そんなに食べているつもりはなくてもカロリーを計算するとなかなかな記録を出していることが多いです。

自分の基礎代謝を知って目標カロリーを決めるのが良いですが絶対に死守する勢いですと続きませんので目標カロリーを超えてしまっても1週間でバランスを取るなどして長く続けることを優先に調整してください

あと加工品などは体調にはあまり良い物ではありませんのでなるべく減らしてください。
基礎代謝の計算方法は下記記事より確認できます。

2-3.特定保健指導を受けてアドバイスを貰う

生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、専門スタッフ(保健師、管理栄養士など)が生活習慣を見直すサポートをしてくれます。

症状が無いので過去の私と同様に面倒くさいや必要ないなどと拒んだりする方もいるようですが、生活習慣病の1歩手前まで到達している状態ですので心筋梗塞や脳梗塞へのカウントダウンが始まっているかもしれないと考えて真摯に受けることをお勧めします。

2-4.特定保健指導を受けて私がやってみた結果

指導を受けてから2か月位はチコちゃんに叱られるほどに「ボーっと生きてました」が多少このようにメタボリックシンドロームについて調べてみてやらなきゃいけないと思い体調を取り戻すべく取り組みました。





好きなことやって好きなものを好きなだけ食べていく人生を否定はしませんが、せっかく生活習慣病になる手前で警告を貰えたのですから長きにわたって美味しくいただける、楽しく動ける、そんな体をキープしたいと思うようになりました。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 - ダイエット, 健康・美容 ,