時間と健康を大切に長生きしたくなってきた

*

みんな知ってた!?毛布は掛布団の上だって!

      2018/11/18

ヒロナカです。

今日、人の用事に同行して布団屋さんに行きました。私は何も買いませんので店内をウロウロとしていると、他のお客さんとお店の方が布団の掛け方についての話をしておりました。

無意識に聞き耳を立てていた私は驚愕、そんなん聞いたことないし、習ってないしと焦りました。

 

布団の掛け順は「タオルケット→掛布団→毛布」だって

私は今まで「タオルケット→毛布→掛布団」の順にかけてました。これがスタンダードだと思ってやってました。

「毛布が上の方が良い」ではなく「毛布が下じゃダメ」との事で、店員さん曰く、掛布団の上に毛布を掛けたほうが重さがふたの効果で羽毛の温かさが残るみたいです。


羽毛布団は体に近いほうが良いらしく、間に毛布を挟むことで熱効率が悪くなるらしいです。

ふーん、40年以上生きてて知らなかった。

 

他にもある。羽毛布団の常識!

羽毛布団は決してや安くはありませんのでできるだけ長く使いたいですよね。

  1. ちゃんと外カバーをかけて破損や汚れに注意する
    小さな穴やカバー破損でも羽毛が出てしまいますので外カバーかけて守りましょう

  2. 同じ面ばかりに負荷を掛けずに、上下裏表まわしながら使って羽毛の偏りを防ぐ
    いつも同じ個所に負荷がかかると傷みやすくなりますので上下裏表まんべんなく使用して長持ちさせましょう。羽毛を偏らせないでまんべんなく広げて使用することで保温効果も高まります。

  3. 起床後すぐの布団は熱や湿気を含んでいるので乾燥させてから収納する
    熱や湿気を含んだまま収納してしまいますとカビの原因になりますので起床後はパサッとめくった状態でしばらく放置してから収納しましょう。

今までの何十回という越冬はどうやら間違っていたようです。orz

恥ずかしながら今年の冬から早速採用で。。。知らなかった方もしれっとお試しあれ

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 - おすすめ, , 日々 ,